Consulting Coach​が

製品サービス開発を推進

「顧客価値駆動型開発プログラム」による
製品サービス開発支援​

☆正しいことを、正しく行う

☆課題達成と人財育成

​☆PBL(Project-Based Learning)

製品サービス開発は、何のために行うのでしょう?

製品サービス開発は、企業の目的に向けた手段です。

企業は、事業を継続する事で、社会への貢献を果たします。

そのために、顧客を創造し続けることを考えます。

では、顧客を創造するための製品サービス開発とはどんなものでしょう。顧客を創造し続けるとはどんなことでしょうか?

御社の製品サービス開発は、顧客創造し続ける事に繋がっていますか?

どのような支援を受けると繋げることが可能になると感じますか?

<Consulting Coachが開発支援を企画するということ>

課題達成と人財育成は、

Consulting Coachの目指す支援の姿です。

長い間、OJT(On the Job Training)と座学(Off the Job Training)の

組合せが、企業での研修の形でした。

OJTは、座学での学びを実践に活かすために位置付けられ、

OJTと座学が相互に補完しあう事で、

新たな学びを業務に定着させることが出来ていました。

しかし、大きく変化の時代に、この様な形の研修で十分なのでしょうか?

今起きている様々な事柄は、過去からの延長線上にあるとは限りません。

座学で学ぶ新しい取り組みを業務に定着させるには、

OJTでは対応が出来ないと考えます。

Consulting Coachは、

PBL(Project-Based Learning)を企業研修のありたい姿と考え、

従業員の可能性を引き出し、持続可能な企業へと取り組みことを

今必要とする開発と開発の学びのあり方として、

企業毎に独自の開発支援を企画しております。

 

<Consulting Coachが開発支援を提供するということ>

Consulting Coachは、

常に現場の担当者と向き合いながら、

一人一人の可能性を引き出すことを目指す支援の姿としています。

企画した内容を活かすのは、

その場、その時での、現場担当者の必要としているものを

引き出すことにかかっています。

このことを提供するためには、

現場での一つ一つの選択が重要になります。

開発支援は生き物です。

支援を受かる側と支援する側の掛け合いと選択から、

様々な新しいコトが生まれます。

Consulting Coachは、

開発支援で、担当者の可能性を引き出すために、

互いに徹底的に考える場を創り出しています。

徹底的に考える先にある、

ひとりひとりの氣づきが生まれる開発支援を提供致します。

Consulting Coachとは?

Consulting Coachは、顧客第一・顧客価値第一(Client First)、
「顧客価値」に焦点を合わせ(「正しいことを、正しく行う」)、

クライアントの今必要な事(課題達成)と

将来必要な事(人財育成)を常に考えます。

製品サービス開発支援のお問い合せは、

以下から、お願い致します。

お氣軽にお問合せ下さい。

© 2019 by MEME TEC Consulting Office

  • Facebookの社会的なアイコン