PBL (Project/Problem  Based Learning)とは

​学びながら課題を達成する・課題を達成しながら学ぶを実現します。

日々、様々な課題に取り組む企業様にとっては、

課題達成は喫緊の課題です。

今日の多くの課題は、複雑に絡み合っていて、

今までのやり方、経験や知識を

活用するだけでは、課題達成が困難になっています。

一方で、限られたリソースで業務を回していて、

新しいことを学ぶために時間を割くことには、

限界があるのではないでしょうか。

また、新しい手法を学ぶ機会は多く提供されていますが、

​どの手法が自分達の課題達成に最適なのかを

判別することは難しく、

学んだ手法を実際の現場で自分達の課題に

当てはめることも、容易ではないでしょう。

PBL (Project/Problem Based Learning)では、

現場での具体的なプロジェクトや

実際に直面している課題・問題を通して、

適宜選択する最適な手法・プロセスを用いて、

課題や問題への具体的な向き合い方を実践し、

プロジェクトを完遂する過程や

課題を達成する中で、

自らが当事者として考え、実行することから、

教科書や講義・講座では得られないような

実践的な学びを得ることができます。

限られたリソースの中で、

今までのやり方や知見を伝えることを目的にした

OJTだけでは伝えきれない、

全く新しい問題解決の取り組みや課題整理の手法を

プロジェクトのメンバー全員が学ぶことができ、

次の新しいプロジェクトや新しい課題に向き合うことが

出来る様になります。

PBL (Project /Problem Based Learning)

応用事例

◆ 人財育成と製品サービス開発​​

プロジェクトチームによる製品サービス開発を通して、

現場で実際に製品サービス開発に取り組むと共に

製品サービス開発に必要な手法やプロセスをPBLにより学んでいただく。

◆ 次世代リーダ育成研修

​上司や組織が望む次世代リーダとは?

自らが、課題を創造し、課題に果敢に挑戦する次世代リーダを

育成するための研修を

実際の現場の課題に取り組む中で、

次世代リーダのための考え方や

様々な手法の扱い方を習得いただく。

 

◆ 管理職研修

次期管理職候補者に向けて、

実際の現場での業務改善(PDCA)を通して、

マネジメントの基本としてのPDCAを

テーマ選定からの一連の流れを習得いただき、

部下も巻き込んだPDCAを実践いただく

お問い合わせ

3日以内に返信に致します。

  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020 by MEME TEC