届ける、を考える

顧客価値の提供とは、

顧客価値(製品サービス)を単に提供するのではなく、

提供するプロセスにおいても、顧客価値を創造する。

顧客価値の提供とは、顧客価値の最大化であると考えている。

製品サービス開発においては、

製品サービスの特徴と市場の組合せから、

以下の4つのケースが考えられる。

ケース1:従来製品サービスを改善して、既存市場に

ケース2:従来製品サービスを、新市場に

ケース3:新製品サービスを、既存市場に

ケース4:新製品サービスを、新市場に

それぞれのケースにおいて、

製品サービスの顧客価値を最大化するとは

どう言うことなのか。

新製品サービスにおいては、

多くの場合、新市場との組合せで開発が行われる。

しかし、実際には真の新たな市場を開拓することは難しく、

自ずと既存市場への提供を検討していくことになる。

既存市場への提供であっても、

顧客価値の最大化は可能であると考える。

例えば、ケース1においては、

既存市場に対して新しい氣づきを得て、

従来と異なる観点から、顧客に価値を提案することができる。

この様な既存市場を考える場合では、

顧客価値駆動型開発での「構造とふるまい」によるアプローチが有効である。

例えば、既存市場のステークホルダーに

新たなプレイヤーを加えることで

既存市場(「構造」)に新たな解釈(「ふるまい」)を生みだすための

氣づきを得るためのアプローチを行うことや、

既存市場のステークホルダー間に関係性(「構造」)を

新たに設定することで、

既存市場に新たな解釈(「ふるまい」)を生みだすための

氣づきを得るためのアプローチが有効であると考える。

顧客価値駆動型開発の「構造とふるまい」のアプローチは、

プロジェクト等で実施することになる。

このプロジェクト等でのプロセスの実行においては、

メンバーによる「氣づきと創発」を

最大限に引き出すための働き掛けが必要になる。

この働き掛けが、

「SE-AP Coaching (シープコーチング)」による働き掛けである。

© 2020 by MEME TEC