​KYT(危険予知トレーニング)講座

どんな選択があるのか?

 

 今、大きく変化する現在の状況において、

何もせずに今いるところに留まっていることは、

正に茹でられるのを待つ「茹でガエル」そのものである。

たとえ、今、周囲のビジネス環境に変化が見えないとしても、

確実に状況は変化しており、

気付いた時には対応のできない状態になってしまうことになる。

 現在の状況で、釜から飛び出る様な大きく行動を

起こすことは難しいと考えるかもしれない。

未来を予測することは出来なくとも、未来を変えることは可能だ。

未来に向けて、現在求められていることは、

正しく恐れ、正しく判断し、正しいことを正しく行うことである。

 明日のビジネスの可能性を選択するのか、

今の状況に留まる選択をするのか。

明日のビジネスを変えるために、

今やるべきことのアクセルをしっかりと踏み込む。

そのためには、ブレーキにのせた足を上げ、

アクセルに足をかけることが、まず必要になる。

KYTは、今、未来のビジネスのために行動するための準備に最適である。

 

予測できない未来を変えるために!

 

 KYT (危険予知トレーニング)は、

労働安全衛生活動で、用いる手法である。

多様化する業種や業務環境の中で、

今までにない働き方や危険源に対して、

完全ゼロ災害を目指すことが必要になった。

起きていないことを起こさない様に対策する未然防止のためのツールが、KYT(危険予知トレーニング)である。

予測できない未来で何かが起きるのを待つのではなく、

予知することで対策を予め定めて、未来を変えていくためのツールである。KYT(危険予知トレーニング)は、

予知することで未来を変える行動への準備を容易にする。

 KYT(危険予知トレーニング)の取り組みは、とても単純である。

ある場面から、危険源を見つけ出し、

その危険源から災害に至るプロセスを考え、

危険源そのものを無力化したり、

プロセスの進行を妨げたりする対策を考える。

このツールを使い、予測できない未来に対して、未来を変えていく行動をとる。

 

明日を予知し、対策を準備する!

 

 リスクとは、未来に起きるであると想定したことに対して

異なることの起きる確率を言う。

つまり、明日の天気は曇りとの予報が出された時に、

実際の天気が、雨であったり、晴れであったりすることをリスクという。

この時に、雨に備えて傘を持って外出するか、

傘を持たずに外出するかで、未来を変えることができると言うことである。

 だが、事業を行なっていく上ではどうだろう。

常に様々なことを考えて、様々な傘を準備することは難しく感じ、

新事業開発や新製品サービスにアクセルを踏み込めず、

ブレーキに足を掛けたままなのではないだろうか。

リスクとは、曇りの想定に対して、

雨の未来も、晴れの未来も起きる可能性があることを示している。

つまり、未来においては、事業に対して、

向かい風も、追い風も吹く可能性があるということである。

 

KYTトレーニング講座の概要

 

 本講座では、現場で、事業活動や製品サービス開発で、

KTY(危険予知トレーニング)を用いる際の

手順、ポイントや注意点をまとめて、

未来を変えるために、ブレーキから足をあげ、

アクセルに踏み変える選択をする本当にアクセルを踏みたい人に、

直ぐに現場に持ち帰って使えることを一番に考え、

安心してペダルを踏み変えるために、

あなたの置かれた状況を多様な視点から掘り起こし、

将来のありたい姿に向けて、潜在する危険源に目を向け、

危険源から望まない状態が生み出されるプロセスを明確にして、

対策を準備することのできるツールとその活用方法を提供する。

毎週水曜日 20:30- (60分/回)

(10月  7日 水曜日20:30-)

(10月14日 水曜日20:30-)

(10月21日 水曜日20:30-)

(10月28日 水曜日20:30-)

3日以内に返信に致します。

© 2020 by MEME TEC