価値創造/DXにむけて

今目の前に見えている「作業」や「業務」の課題を

「仕事」の全体最適のための

広くかつ深く探るきっかけにして、

「正しいことを正しく行う」ことへと

目を向けていきます。

作業業務仕事_edited.png

<作業例>

受注データ入力

伝票作成

​日報作成

「作業」のデジタル化

→デジタイゼーション

(Digitization)

<業務例>

在庫管理

材料発注

受発注管理

「業務」のデジタル化

→デジタライゼーション

(Digitalization)

<仕事>

価値創造

顧客創造

御社のお悩み事やご要望を伺います。

経営課題を具体的な取り組みに落とし込み、

DX推進、新たな価値創造に伴走いたします

DX とは、顧客視点で新たな価値を創出していくために、ビジネスモデルや企業文化 の変革に取り組むことですが、そのためには、はじめに経営者が自社の理念やパーパス(存在意義)を明確にした上で、実現したい未来=経営ビジョン(5 年後・10 年後にどんな会社になって いたいか)をしっかりと描き、その実現に向けて関係者を巻き込みながら、現在の状況と目指すべき状況の差を埋めるために解決すべき課題を整理し、デジタル技術を活用しながらこれらの課題解決を通じて、ビジネスモデルや組織・企業文化等の変革に戦略的に取り組んでいくこと

(「経済産業省:中堅・中小企業等向けデジタルガバナンス・コード実践の手引き」から引用加筆)

<顧客視点で新たな価値を創出>

顧客価値の創造と提供による顧客創造は、

企業の目的であり、最も重要な経営課題です。

DXは、デジタル技術を用いて、

この経営課題の達成を目指すための取り組みです。

<変革>
変革とは、改善とは異なるアプローチで、

成果を生み出す組織・企業文化と新たなビジネスモデルへと

現状を変えていくことです。

破壊と創造のプロセス​が重要になります。

事業環境の変化に基づく改善とは異なり、

変革は、自らが描く「ありたい姿」への能動的な取り組みで、

​事業環境を変えることも可能です。

 
 

<実現したい未来>

​実現したい未来とは、ありたい姿の実現です。

ありたい姿を実現することは、持続可能な企業に実現であり、

​これこそが、DXの真の目的であると考えます。

 

<関係者を巻き込みながら

「関係者を巻き込みながら」活動を進めていくことは、

DX推進の重要な考え方になります。

社内の関係者(従業員)を巻き込むだけでなく、

社外の関係者を巻き込むことで選べる選択肢が広がります。

選択肢を広げるためには、

ITベンダー・コンサルタントだけでなく、

​取引先や顧客も巻きこんでいく。

<デジタル技術を活用>

デジタル技術の活用は、DXの特徴ではあるが、

手段であることを忘れてはならない。

豊富なソリューションとソリューションの進化のために、

多くのケースで、デジタル技術の活用・導入が目的になり、

中途半端なDX推進となっている。

目的の達成のために、

​効率的・効果的にデジタル技術を活用する。

<変革に戦略的に取り組んでいく>

「変革に戦略的に取り組んでいく」とは、

着眼大局着手小局を実践することである。

目の前の課題に着手することは、

すぐに成果を得るためには、

有効ではあるが、

大局(DXの目的)を考えた時に、

同じようにリソースを使うのであれば、

その成果を捨ててでも、着手しなければならかかったことが

あったかもしれない。

​ご相談・お問合せはこちらから

多聞天.png