​企業とは、課題に向き合い、目標を達成し、目的を実現するための手段である。

企業のそれぞれの組織には、メンバーがいて、役割がある。

これを構造として捉える。

組織の役割は組織の内外と関係し合って、実現を図る。

これをふるまいとして捉える。

顧客価値駆動型開発プログラムによる組織改革では、

課題に適切に向き合うことのできる組織を構造とふるまいの観点から、

関係者のそれぞれの思いを互いに共有することを大切にして、

全体にとっての最適化を図る。

ご相談いただいている事例の一部

高い目標に向けた製品サービス開発をしたい

​👉目標を具体化し、最適な開発プロセスをご提供

新規事業開発を命ぜられた

👉 お困りの点、ご希望に沿った開発支援をご提案

・リソースを活かし、他と違う事を事業にしたい

👉 ご要望の詳細を伺い、事業開発支援をご提案

 

・今ある思いをゼロからを考えたい

👉 思いを整理するご支援をご提案

イノベーションについて真っ向から取り組みたい

👉 ご希望に沿ったご支援をご提案

・今の開発の進め方に限界を感じている

👉 新しい開発への取組み方をご提案

・現状の様々な活動へ違和感がある

👉 違和感を言語化するお手伝いを行い、活動への取組みをご提案

・現状の課題を整理したい

👉 様々な視点から、真の課題を探り、整理・対応する取組みをご提案

 

・効果的な研修を探している

👉 ご要望に沿った研修をご提案

・今、何を行動すれば良いかがわからない

👉 詳しくご要望を伺い、最適な企画をご提案​

・次に、何を行動すれば良いかを考えたい

👉 詳しいご要望を伺い、最適な企画をご提案

顧客価値駆動型開発プログラムによる

組織改革

実施事例に基づくサービス提案​

◆ 人財育成と製品サービス開発

​​12回/6ヵ月で支援。

◎中小企業の人財育成と製品サービス開発支援

​プロジェクトチームによる製品サービス開発研修を企画・運営。

それぞれのチームがコンセプトから製品サービス開発に取り組む事を

PBLにより学びと実践から支援。

◆ Conceptから考える製品サービス開発

6回/3ヵ月で支援

◎中小企業支援、大企業支援

明確なコンセプトなく、製品サービス開発を進めてしまっているのは、

中小企業も大企業も同じです。

一旦、製品サービスのコンセプトに立ち戻り、

「顧客価値駆動型開発プログラム」に基づいて

「顧客価値」を再考することで課題を明確確にし、

メンバー間で課題が共有され、開発が格段にスピードUp。

​◆ Conceptから考える事業開発

6回/3カ月で支援

◎中小企業での事業開発への支援

事業開発においては、

コアとなる製品サービス開発も同時に進めていく事になりますが、

事業コンセプトを考えていくと全く新しい観点から製品サービスを

定義することができ、

個々の製品サービスをどの様に事業コンセプト中で

活かしていくかということを考えことに繋がり、

新しい収益のアイデアへ。

※ご要望を伺い、最適な支援内容にカスタマイズして、ご提供いたします。

お問い合わせ

3日以内に返信に致します。

  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020 by MEME TEC