実体化し、実現した顧客価値は、

顧客に提供するプロセスを通して、

初めて、作り手側の思い描いた価値が実現します。

上流工程、中流工程で創り上げた顧客価値を

最大化させて提供することが、下流工程での重要な役割になります。

モノ・コトの始まりから終わりまでのライフサイクル全体において

モノ・コトと顧客と関係性から顧客価値を様々な視点で検討いたします。

モノ・コトのライフサイクル全ての検討の起点には顧客が存在します。

提供するモノ・コトが、顧客との間でどのような新しい関わりを

創り出すのかを考え、

そこにどんな新しい喜びが生まれる可能があるかを探り出します。

「顧客創造」を具体化するアプローチとして、

「顧客価値駆動型開発プログラム」の

「顧客価値創造」と

「顧客価値提供」のプロセスにより、

持続可能な企業の実現のための

課題達成」と「人財育成」をご支援いたします。

「顧客価値駆動型開発プログラム」とPBLによるご支援
モノづくり・コトづくりの様々な現場での
「課題達成」をご支援いたします。

PBL (Project-Base Learning)は、

個人の氣づきとチームの創発を引き出します。

◆ モノづくり・コトづくりのための下流工程
 顧客価値を顧客に提供する活動をとおして、
 顧客価値を最大化する取組みをご支援致します。
・ プロセスの設計
 下流工程に必要なプロセスを「顧客価値駆動型開発プログラム」を基に
 設計致します。
・ チームビルディング
 様々な利害関係者の思いを整理し、
 個々の持つ能力と可能性を最大限に引き出す活動を
 ご支援致します。
​・ 課題整理
 多様な視点から、様々な利害関係者の課題を整理し、
 課題達成への対応をご支援致します。
・ 顧客提案
 顧客価値を再検証し、最適な顧客への提案をとおして、
 顧客価値を最大化する活動をご支援致します。
・ ビジネスモデル再構築
​ 顧客価値を構成する要素を再検討し、
 顧客価値の提供を継続していくために、
 ビジネスモデルを再構築する取組みをご支援致します。
他、ご要望を沿ったご支援をご提案致します。