企業、組織やチーム・プロジェクトが、新しいことを手がける時には、

新しければ新しいほど、不確実性が付いて回ります。

その不確実性を完全に取り除くことは現実的ではないが、

受容できるまでに最小化することは可能です。

 

企業、組織やチーム・プロジェクトが

受容できない望ましくないことが起こることを

未然に防ぐことを目的にしたリスク管理をご提供致します。

未然防止に必要なのは、未来への視点です。

過去に起きたことは検討の土台になっても、

それだけが未来に起きる望ましくないことを

最小化するための万能薬にはなりえません。

過去からの視点を未来への視点に切り替える、

多様なメンバーによる検討を行うための

様々な切り口を提供いたします。

「顧客創造」を具体化するアプローチとして、

「顧客価値駆動型開発プログラム」の

「顧客価値創造」と「顧客価値提供」のプロセスにより、

持続可能な企業のための

課題達成」と「人財育成」を実現します。