「顧客価値駆動型開発プログラム」は、

顧客価値にきちんと向き合い、

顧客価値を創造し顧客価値を提供し続けるための

24ステップのプログラムです。

「顧客創造」を具体化するアプローチとして、

「顧客価値駆動型開発プログラム」の

「顧客価値創造」と

「顧客価値提供」のプロセスにより、

持続可能な企業のための

課題達成」と「人財育成」を実現します。

PBL (Project-Base Learning)が、

個人の氣づきとチームの創発を引き出します。

「顧客価値駆動型開発プログラム」+PBLの適用
◆ モノづくり上流工程
 製品サービス開発(モノづくり)の上流工程における「課題達成」と「人財育成」
・ チームビルディング
・ 課題整理
・ アイデア抽出/具体化
・ 製品サービス企画
・ 製品サービスコンセプト
◆ モノづくり中流工程
 製品サービス開発(モノづくり)の中流工程における「課題達成」と「人財育成」
・ チームビルディング
​・ 課題整理
・ 仕様の詳細化
・ 具体化へのアイデア抽出/詳細化
・ プロジェクト管理/推進
◆ モノづくり下流工程
 製品サービス開発(モノづくり)の下流工程における「課題達成」と「人財育成」
・ チームビルディング
​・ 課題整理
・ 顧客提案
・ ビジネスモデル再構築
​他

「顧客価値駆動型開発プログラム」による

PBL (Project-Based Learning)の事例​

◆ 人財育成と製品サービス開発

​​通常、12回/6ヵ月で支援。

◎中小企業の人財育成と製品サービス開発支援

プロジェクトチームによる製品サービス開発研修を企画・運営。

それぞれのチームがコンセプトから製品サービス開発に取り組む事を

PBLにより学びと実践から支援。

◆ Conceptから考える製品サービス開発

6回/3ヵ月で支援

◎中小企業支援、大企業支援

明確なコンセプトなく、製品サービス開発を進めてしまっているのは、

中小企業も大企業も同じです。

一旦、製品サービスのコンセプトに立ち戻り、

「顧客価値駆動型開発プログラム」に基づいて

「顧客価値」を再考することで課題を明確確にし、

メンバー間で課題が共有され、開発が格段にスピードUp。

◆ Conceptから考える事業開発

6回/3カ月で支援

◎中小企業での事業開発への支援

事業開発においては、

コアとなる製品サービス開発も同時に進めていく事になりますが、

事業コンセプトを考えていくと全く新しい観点から製品サービスを

定義することができ、

個々の製品サービスをどの様に事業コンセプト中で

活かしていくかということを考えことに繋がり、

新しい収益のアイデアへ。

◆ 中長期経営計画

​6回/6カ月で支援

◎中小企業での中長期経営計画策定の支援

3年先、5年先の中長期経営計画を策定することは、

未来の企業の「ありたい姿」を実現するための

「構造とふるまい」を整理し、

担当者・中間管理職と経営者・経営幹部を

有機的に繋がる検討会議/ワークショップを企画・運営。

現場の思いと経営者の思いとの創発から、

有効かつ実行性のたかい経営計画を策定。

◆ 次世代リーダ育成研修

​6回/6ヵ月で支援

◎中小企業でのエンジニア向け次世代リーダ研修

​上司や組織が望む次世代リーダとは?

自らが、課題を創造し、課題に果敢に挑戦する次世代リーダを

育成するための研修を、

「顧客価値駆動型開発プログラム」を基に企画し、

PBLにて、運営。

◎中小企業での次期管理職候補者向け研修

​Consulting Coachとして、

次期管理職候補者向け単発研修を

業務改善(PDCA)をテーマにPBLを用いて、企画・運営。

受講後の課題対応も個別にフォロー。

​その他のサービス
Coaching コーチング

Consulting Coach/Coaching Session

による氣づき・「心の真実」から、

持続可能な未来を

具体化するためのサービス提供です。​​

Access Bars

 

疲れた脳を癒し、活性化し、

自分自身と向き合う事を

支援するためのサービス提供です。

「脳をデトックス」。

アセスメント

 

持続可能な企業活動の

様々な場面で必要となる

様々な評価・考察のためのプログラムです。

「サービス」のお問い合せは、

以下から、お願い致します。

お氣軽にお問合せ下さい。

© 2020 by MEME TEC  

  • Facebookの社会的なアイコン